歯科で歯の痛みを治してもらう│初めての人でも大丈夫

歯医者

歯を埋め込む流れ

聴診器と歯の模型

名古屋にある歯医者ではインプラント治療という、新しい歯を埋め込むための治療を行なっている所があります。名古屋にある歯医者が行なっているこの治療では、顎の骨に直接新しい歯の根っこの歯根を埋め込んでその上から人工の歯を被せるのです。インプラント治療は、全ての工程を一度に行なう訳でなく時間をかけてゆっくりと行なうのです。最初は顎の骨に人工の歯根を埋め込む手術から行ない、顎の骨に穴を開けてそこに歯根を埋め込みます。名古屋にある歯医者には、今までに多くのインプラント治療を行なってきた医師が担当していますから問題なく手術は終わるでしょう。また、人工の歯根は純チタンという素材を使用しています。純チタンは顎の骨や歯茎などに埋め込んでも、アレルギー反応や副作用は起きませんし適合性が高いため歯根として最適な素材なのです。歯根が顎の骨と結合するまでに半年程かかるため、その間は仮歯を装着しますので日常生活に問題はありません。人工の歯根が定着していることを確認した後は、人工の歯と歯根を連結するためのアバットメントを名古屋にある歯医者で取り付けます。アバットメントが定着したら次は人工の歯を装着します。歯型や仮歯の状態などの様々なデータを集めて、人工の歯の型取りを行なって最適な形の歯を作ります。このような流れでインプラント治療を行ないます。名古屋にある歯医者では、長期間使用することができるように自宅で行なうことができるメンテナンス方法を教えています。欠かさずメンテナンスを行なうことによって、何度も歯医者に通わなくてもいいのです。