歯科で歯の痛みを治してもらう│初めての人でも大丈夫

歯医者

小さな頃から歯を強く

医師と患者

武蔵小杉には多くの歯医者があって、その中には小さい子供のための小児歯科があります。小児歯科では小さい子供が、これからも健康的な歯で過ごすことができるための治療を行なっています。多くの人は小さい子供はまだ乳歯なので、永久歯が生えてから歯医者に通えばいいと考えているでしょう。ですが、乳歯の頃から治療を行なうことによってこれから生えてくる永久歯の、歯質を強化することができるので頑丈な歯にすることが可能です。武蔵小杉の歯医者では、子供の歯の歯質を強化するためにフッ素やシーラントを使用した治療を行なっています。フッ素には歯質を強化することができるだけでなく、他にも酸に溶けにくい歯を作ることができるのです。歯は元々酸に弱いのですが、フッ素を塗布することによって歯の構造を変化させることができ、酸では簡単に溶けないような強い歯にすることができます。それ以外にもフッ素には、初期の虫歯を修復することができる働きを持っていますから、武蔵小杉の歯医者では虫歯予防のためにも使用しています。シーラントとはフッ素が含まれている樹脂のことで、これを小さい子供の奥歯にコーティングするのです。子供の奥歯は溝が深いため歯磨きだけではキレイに菌を除去することができず、それによって虫歯を発症してしまう恐れがあります。武蔵小杉の歯医者では子供の奥歯にシーラントを使用することによって、奥歯の溝に菌が溜まらないようにすることができますし、フッ素が含まれているので歯質を強化することもできます。